EPAの4大効果

EPAの4大効果とは - 注目のEPA

今注目のEPA(EicosaPentaenoic Acid、エイコサペンタエン酸)はサバやマグロやサンマなど青魚にたくさん含まれている栄養です。EPAはDHAに似た脂肪酸で、DHAと同じように体の中では作り出せないものです。

DHAとの違いは、DHAは脳と血管に有効な栄養素、EPAは血管の健康を維持する栄養素です。EPAの働きは主に動脈硬化や血栓症などを予防したり、血液をサラサラにする効果があります。

EPAの具体的な効果としては、血液の中の中性脂肪を減少させる働きがあります。食生活の欧米化により過剰に取ってしまいがちな中性脂肪は動脈硬化や脳卒中など生活習慣病の原因になります。

中性脂肪を減少させる力は、EPAはDHAより高いです。その他、現代人の慢性疾患とも呼ばれる花粉症のアレルギーの予防・改善効果があります。

花粉症の原因になるロイコトリエンという炎症物質を抑制する働きがEPAにはあると言われています。また炎症を抑制するための成分であるビオチンの力を高める作用もあります。花粉症を持つ人はEPAが不足していると言われています。

女性には美肌の効果があることも、EPAの魅力の1つです。EPAは血液の中にある、中性脂肪やコレステロールを減少させます。これによって血液がサラサラになり、血管をきれいにできます。

これは美肌を保つ上で、非常に重要なことです。つまりサラサラの血液は肌の細胞に栄養素を運びますが、「栄養素を得た肌の細胞はいつもきれい」と言うことです。また皮膚の炎症や、肌の乾燥を予防する効果もあります。

皮膚の炎症は、EPAの炎症を起こす成分を抑制する効果によって予防できます。肌の乾燥は肌が乾くことにより、その細胞間に隙間ができてしまうものですが、EPAはその隙間を埋めて、肌の潤いを保たせます。

美肌に留まらずに、健康にも効果もあります。EPAは体に蓄積した老廃物を効率的に排出させて、体の中で新陳代謝がスムーズに行われるようにします。これによって「体はいつも新鮮で健康」と言うことです。

EPAはDHAと一緒に摂るのが効果的です。働きはそれぞれ違うのですがお互いに協力し合って働く効果があります。サプリメントからとるならDHAとEPAが一緒に配合されたDHAサプリがオススメ。注目されている成分なのでいろいろなメーカーから販売されているので好みに合うものを見つけて下さい。